炭水化物・糖質が大好きな方へ

炭水化物や糖質過多の食生活の方が体質改善をしていくと、
身体が『低血糖』という状態になります。

パン・パスタ・丼物・スイーツなど血糖値が急激に上がりやすい食事をよく摂る方は、

血糖値が急激に下がりやすいので、すぐにおなかがすきます。

なぜおなかがすくのでしょう?

脳や心臓に生きていくためのエネルギー源が、血液中に無いからサインが出ているんです。

さらにエネルギー源が無くなると、
しんどい・体力がもたない・頭痛・異常に眠い・冷や汗・イライラ・集中できない…などの不調が出てきます。

だから、なんとしてでも糖を脳に入れてもらえるように身体がサインを出すんです。
これが『低血糖』状態です。

今まではここですぐ、チョコ・コーヒーとクッキーなどの甘いお菓子・パン・あめなどを欲して食べていたと思います。

確かに『低血糖』状態は無くなりますが、
こういった食べ物で身体の危機状態を回避すると、また短い時間サイクルで甘い低血糖になります。

炭水化物中心の食生活をしていると、栄養バランスが崩れまくっています。

麺類や粉ものと言ったメニューは一品ものが多く、
たんぱく質や微量だけど必要な栄養素が不足しやすくなります。

さらに甘いお菓子は、体内酵素やビタミンB群などの栄養を浪費します。
ジュースやコーヒーばかり飲んでいる方も同じです。

「キレイになる」「痩せる」ために使う栄養が無くなると言うことです。

糖質を多く摂取を続けたことによって、
血糖値の乱高下を起こしている方が食事改善をすると、低血糖で体調が悪くなったと訴えられる方がほとんどです。
さらに、低血糖は貧血の原因にもなります。

これを炭水化物や砂糖で回避するのではなく、血糖値を上げることができます。

穏やかに血糖値が上がる食べ物があります。

小さな(ゴルフボールくらいの大きさ)おにぎりを口のなかでドロドロになるまで噛んで食べます。
20分くらいすると、強烈な空腹感やイライラが落ち着きます。

できれば、完全におなかがすく前に食べておくと、不調を回避できます。
※おにぎりも炭水化物ですが、体内への吸収の早さが砂糖や粉で出来たものとは違います。

低血糖を改善すると、性格が変わったのかと思うくらい人が変わる方がおられます。
何事にも集中しやすいですし、いろんなことがおだやかにスムーズにいったりします。

「なんで私はこんなにイライラするの?」
「疲れやすい」「しんどい」

などでお悩みの方は、自分がいつも何を食べているか振り返ってみてください。
『低血糖』を改善して、楽しくキレイに過ごしましょう♡

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP